「人工芝の種類」の記事一覧

人工芝はロールタイプが良い理由

ロールタイプ人工芝

人工芝ではロールタイプとタイルタイプがありますが、ロールタイプの方が良いとされています。その理由は、言われているほどタイルタイプのメリットはなく、また人工芝は特性上、継ぎ目が多くなるとそれだけ機能が低下するからです。

庭の人工芝は高い方が良いの?

庭の人口芝

人工芝はその生産や流通の仕組み上、価格と品質がほぼ比例しています。その中でも、当店のエクスターフのように、自社製造している商品は中間マージンが発生しない分、コストパフォーマンスの高い商品になります。

百均の人工芝の抱える問題とは

人工芝パネル

百均でも人工芝は購入することができますが、その品質の低さは明らかと言ってよいほどです。芝葉も抜けやすく、耐久性に難がありますのでメンテナンスも面倒になりますし、結果的にコストパフォーマンスも悪くなりますから注意が必要です。

人工芝はロールタイプかジョイントマットか

人工芝を敷く

人工芝にはロールタイプとジョイント式のマットタイプがありますが、優劣があるというより、それぞれのタイプが持つ特徴を最大に活かして使うことが大切です。それぞれの特徴について紹介します。

コーナンの人工芝は安いけど

ロールタイプ人工芝

コーナンで売られている人工芝は低価格帯の人工芝で、主な用途はインテリアや工作など室内用と考えられます。屋外で使おうと思うと、少し力不足がありますので、早く劣化する恐れがあります。用途をよく考えてプロ用の高品質人工芝と使い分けが必要となります。

ケーヨーデイツーの人工芝の品質は?

統計

ケイヨーデイツーなどホームセンター独自で作っている人工芝は「売れ筋」価格がほとんどです。こうした人工芝というのは、品質は松・竹・梅で言う「梅」ランクの人工芝です。何か機能性で犠牲になっている部分がどうしてもあり、用途が限られることに注意が必要です。

アイリスプラザの人工芝は5年持つか

人工芝

アイリスプラザのリアル人工芝は耐抗年数が5年に設定されていますが、気候や使い方などの問題によってより短い期間でダメになってしまう可能性があります。長く使うならより丈夫で質の良いものを選ぶべきです。

人工芝の保管方法

人工芝ロール

使用するときはもちろんですが、保管をするに際しても、良い人工芝とイマイチな人工芝は違いが明白です。レンタル用やイベント用などで人工芝を使う場合にも、当店のエクスターフは高い耐久性がありますので、長く品質を維持を保って使うことができて経済的です。

ペットのための人工芝はニオイに注意

人工芝上の犬

家庭内の一室くらいであれば、消臭剤などによって、様々なニオイをごまかすこともできますが、範囲が広くなったり野外になると、消臭剤では手に負えません。抜本的にニオイを防ぐことができないと、時間の経過とともに様々なニオイに悩むことになりますので、それを考えて人工芝を選びましょう。

エクスターフという人工芝のランク

人工芝のある庭

当店のエクスターフは、最高ランクの品質を誇りつつ、価格はなるべく抑えている費用対効果の高い商品です。10年保証をしているリアル人工芝は他では見られません。人工芝と長く良い付き合いをしたいとお考えの方は、ぜひ当店のエクスターフをご利用ください。

サブコンテンツ
キャンペーン実施中!!