「エクスターフ」の記事一覧(2 / 25ページ)

プロが教える人工芝サンプルの確認方法

人工芝

人工芝の耐久性は、芝の密度が大きく影響していますが、密度についてはこだわりなく見た目や表面の手触りだけで選んでしまう人が多いです。サンプル人工芝の正しい確認の仕方を紹介します。

アウトドアリビングに人工芝

アウトドアリビングの人気が高まっていますが、アウトドアの雰囲気と使い勝手を両立させることができる人工芝は、アウトドアリビングでも数多く使われています。

冬の季節は人工芝の静電気に注意

人口芝の庭

人工芝は空気が乾燥する冬場になると、どうしても静電気が発生しやすくなります。素材の都合上仕方ない部分がありますので、ドアノブなど金属部分に触れる前に一度静電気をリセットするなど工夫が必要です。

ジョイント式の人工芝の問題

人工芝パネル

ジョイント式の人工芝は便利なように見えて、デメリットもたくさんあります。よく言われる、継ぎ目が多くなって人工芝の機能が損なわれることだけではありません。

人工芝はロールタイプが良い理由

ロールタイプ人工芝

人工芝ではロールタイプとタイルタイプがありますが、ロールタイプの方が良いとされています。その理由は、言われているほどタイルタイプのメリットはなく、また人工芝は特性上、継ぎ目が多くなるとそれだけ機能が低下するからです。

人工芝の耐久性は考え方から

人工芝製造過程

人工芝の性能は素材だけで大きくは変わりません。製品や人工芝に対する考え方が、性能を大きく左右しています。10年使えるように作った人工芝と、安くそれなりのものを求めて作った人工芝は、その性質が全然違っているのです。

多くの人が人工芝を選んでいる理由

芝のある庭

人工芝が選ばれるようになってきているのは、ひとつには人工芝の性能が高くなったことですが、また人工芝の性質そのものが「現代人の生活に合っている」ということにあると思います。

人工芝の芝葉の長さ論

芝生

人工芝の芝葉の長さは、見た目やクッション性などに影響しますし、単純に芝の量を左右する要素でもあります。そのため各メーカーは長さを大事に考えて広告しています。ただし、芝の品質は長さだけでなく、芝葉の密度も大事になりますのでご注意ください。

買って満足できる人工芝の価格帯

新築施工例

人工芝の性能はピンキリで、価格帯によって性能はおおよそ決まってきます。安くても使い方によっては十分な性能を発揮してくれるので、価格帯ごとに使い方を考えましょう。当店のエクスターフはプロ仕様の上級クラスで、様々な用途に対応できます。

リアル人工芝のおすすめは「エクスターフ」

エクスターフ

リアル人工芝が多く市販されていますが、おすすめは当店の「エクスターフ」です。完全オリジナル商品ですので、性能の割に低価格で出せますし、高い性能に加え10年保証が可能な商品となっています。多くの家庭や施設で使用された実績を持つ、多機能性も自慢です。

サブコンテンツ
キャンペーン実施中!!