「屋外での人工芝」の記事一覧(2 / 8ページ)

ウッドデッキと人工芝は相性が良い

人工芝のバルコニー

ウッドデッキと人工芝は相性が良いのですが、メンテナンス期間に違いがありますので、性質をわかって導入しないとメンテナンスが忙しく、老朽化が放置される原因になります。最初から良いものを導入し、定期的なメンテナンスを行うことがきれいな景観を作るためには大切です。

人工芝のドッグランづくりのポイント

人工芝DIYつなぎ目

ドッグランは庭があって人工芝を敷けばそれだけで成り立ちそうなものですが、使いやすいドッグランを作ろうと思ったら、いろんな面で配慮をする必要があります。ドッグランに必要な機能をよく考え、飼い犬が満足できる空間を作りましょう。

新築住宅の人工芝施工について

新築施工例

人工芝の施工は外構工事にあたりますが、この外構工事を行うタイミングや注意があります。基本的にハウスメーカーの領域ではないので、業者に直接依頼をした方がよく、作業に適したタイミングを随時調節することが大事です。

リフォームでの人工芝の使われ方

芝のある庭

リフォームにおいて人工芝は人気アイテムのひとつで、インテリアや庭など多くの部分で取り入れられています。家に使うものですから長く使いたいものですが、その場合は最初からしっかりしたものを選びましょう。

ペットホテルの人工芝は設置個所に合わせて

芝で寝る犬

ペットホテルでも人工芝を導入するところが増えていますが、設置する場所によって求められる品質は変わってきます。スポーツドッグなどの高度な運動を要求されるペットがいるのか、また屋外か屋内かなどポイントがいくつかあり、対応できるものを選ぶ必要があります。

ドッグランに人工芝を使うメリット

人工芝と犬

ドッグランに人工芝は適している面が多いですが、良い人工芝を選ぶことや、技術のある施工業者を選ぶこともまたドッグランをしっかり作り、長持ちさせるために必要です。

コーナンの人工芝は室内向け?

人工芝ロール

コーナンでは室内用と思われる人工芝を販売していますが、ホームセンターの人工芝は、外での使用に耐えるものでそうでないものがあります。確実に屋外で長年使える人工芝を探すなら、やはり人工芝の専門業者に相談するのが一番です。

人工芝のエクステリアを作るなら

高級感のある人口芝

エクステリアを彩る定番となっている人工芝ですが、場所や用途によって必要とされる性能が違ってきます。屋外に設置するものだからこそ、耐久性に優れた人工芝を選ぶことがポイントです。

冬の人工芝DIYは難しい?

DIY

人工芝をDIYで庭に設置するのであれば、冬はちょっと作業が難しい季節でもあります。環境上の条件によって、人工芝の施工において思わぬ落とし穴が生じるからです。

人工芝スキーの人工芝を考える

グラススキー

今はグラススキーやプラスノースキーという形で、人工芝や天然芝のゲレンデを滑って楽しむアクティビティも増えました。耐久性が求められるこうしたスポーツ用人工芝にもエクスターフは最適です。

サブコンテンツ
キャンペーン実施中!!