「屋外での人工芝」の記事一覧

人工芝と熱中症

人工芝のある庭

熱中症が話題ですが、人工芝は熱中症になりやすいとも言います。熱がこもってしまう性質があるため、打ち水をしたり、日光を防ぐために日陰を作ってあげたりするのが有効な対策となります。

人工芝の様々な使い道

人工芝使用例

人工芝は管理の手間がそれほどかからないこともあり、足を踏み入れる機会の少ない場所の緑化に有効です。製品の品質が高まり、様々な場所に活用できるのでその用途は以前よりもずっと広がっています。

人工芝と虫の話

芝とうさぎ

宣伝文句として虫が出なくなることを強調する人工芝もありますが、人工芝には虫を退治する機能はありません。あくまで虫が生育する環境を多少奪う程度ですので、虫対策としては様々な方法を組み合わせる必要があります。

人工芝の色にもこだわろう

リアル人工芝

人工芝を選ぶときは、色にも注目してみましょう。同じ緑色でも、それぞれ微妙に色が違っていたり、またいざ敷いてみると見え方が思ったものと違う場合もありますので注意してください。

バローの人工芝で満足できるか

人工芝は、本来は設置する環境をよく考え、合った品質のものを選んでこそ満足できます。バローなどのホームセンターも施工はしてくれますが、本来は相談の時点からプロが入って行うべきです。

人工芝の屋上ドッグラン

リアル人工芝

屋上にドッグランを作ることも増えていますが、人工芝は最適な床材になります。ただし、熱や紫外線、雨風などに強いことが絶対条件ですので、品質の良い人工芝を選ぶ必要があります。

人工芝と庭の土について

人工芝DIY 

通常の庭は、水はけの良い土が使われていますが、園芸用に使っていた土を転用した庭の場合は水はけが悪く、人工芝の設置後は水分がたまってトラブルになることがあります。土をまず整えてから人工芝が正しい手順です。

コーナンの人工芝は安いけど

人工芝

コーナンで売られている人工芝は低価格帯の人工芝で、主な用途はインテリアや工作など室内用と考えられます。屋外で使おうと思うと、少し力不足がありますので、早く劣化する恐れがあります。用途をよく考えてプロ用の高品質人工芝と使い分けが必要となります。

ウッドデッキと人工芝は相性が良い

人工芝のバルコニー

ウッドデッキと人工芝は相性が良いのですが、メンテナンス期間に違いがありますので、性質をわかって導入しないとメンテナンスが忙しく、老朽化が放置される原因になります。最初から良いものを導入し、定期的なメンテナンスを行うことがきれいな景観を作るためには大切です。

人工芝のドッグランづくりのポイント

人工芝DIYつなぎ目

ドッグランは庭があって人工芝を敷けばそれだけで成り立ちそうなものですが、使いやすいドッグランを作ろうと思ったら、いろんな面で配慮をする必要があります。ドッグランに必要な機能をよく考え、飼い犬が満足できる空間を作りましょう。

サブコンテンツ
キャンペーン実施中!!