「施工方法」の記事一覧(2 / 4ページ)

人工芝にラインを引きたい時どうしたらいい?

人工芝施工後

スポーツ施設などで人工芝にラインを引きたいときは、石灰などではなく塗装をするのが基本です。水性塗料で充分に用を足すことができますが、専用の塗料もあります。用途に応じて使い分けましょう。

人工芝のドッグランづくりのポイント

人工芝DIYつなぎ目

ドッグランは庭があって人工芝を敷けばそれだけで成り立ちそうなものですが、使いやすいドッグランを作ろうと思ったら、いろんな面で配慮をする必要があります。ドッグランに必要な機能をよく考え、飼い犬が満足できる空間を作りましょう。

人工芝ドッグランのDIYは整地が大事

芝と柴犬

ドッグランをDIYで作りたいという方は、ぜひ整地をしっかり行いましょう。人工芝というのは、平らな地面の上に敷いてこそ、その機能を最大限発揮することができます。仕上がりもきれいになりますし、方法を知っていればある程度の面積まではDIYでも十分対応できます。

ペット用の人工芝の庭を作る

設置した人口芝

ペット用の人工芝の庭づくりをDIYで行う人も増えていますが、芝選びを間違うと、DIYでの設置をきれいにしても、すぐに台無しになってしまって、気持ちを削がれてしまいます。良い芝を選びましょう。

人工芝DIYで押さえたいポイント

人工芝施工

DIYをする際には、最初はどのように仕上がるのか不安ですが、多くの場合は初めてでしょうから、それは当然です。しっかりポイントをおさえておきましょう。

冬の人工芝DIYは難しい?

DIY

人工芝をDIYで庭に設置するのであれば、冬はちょっと作業が難しい季節でもあります。環境上の条件によって、人工芝の施工において思わぬ落とし穴が生じるからです。

庭の人工芝敷設時の整地

人工芝施工前の整地

人工芝の設置について、その仕上がりと性能を大きく左右するのが整地です。正しい方法で行うことによって、DIYでもきれいに人工芝を敷くことができます。その整地方法について紹介しています。

庭の芝生を人工芝にするには

人工芝の庭

庭の芝を人工芝に張り替えるには、芝や雑草を除去し、整地を行い、その上に防草シートをかぶせ、その上で人工芝を敷くという作業行程が最低でも必要となります。それぞれにコツがあり、必要なアイテムもありますので、専門業者を活用するのも一つの方法です。

人工芝のロールタイプとジョイント式

DIY

人工芝は大きく、ジョイント式のマットとロールタイプのものに分かれますが、それぞれに特徴があります。本物のような仕上がりで、人工芝の機能を最大発揮できるのはロールタイプの方で、高機能品ではロールタイプが多くなっています。

人工芝の施工のポイント

人工芝施工

人工芝の施工はDIYでも可能ですがノウハウがあります。カッティングなどの作業よりも、実は事前準備が大事で、プロはこの部分を徹底的に行っています。

サブコンテンツ
キャンペーン実施中!!