「庭の芝生」の記事一覧(2 / 3ページ)

人工芝と砂利の特徴の違い

砂利と芝

庭を作る時によく使われている人工芝と砂利ですが、どちらが良いかというよりは、それぞれの特徴をわかって正しく使い分け、調和のある雰囲気にすることが大切です。

人工芝のエクステリアを作るなら

高級感のある人口芝

エクステリアを彩る定番となっている人工芝ですが、場所や用途によって必要とされる性能が違ってきます。屋外に設置するものだからこそ、耐久性に優れた人工芝を選ぶことがポイントです。

人工芝DIYで押さえたいポイント

人工芝施工

DIYをする際には、最初はどのように仕上がるのか不安ですが、多くの場合は初めてでしょうから、それは当然です。しっかりポイントをおさえておきましょう。

冬の人工芝DIYは難しい?

DIY

人工芝をDIYで庭に設置するのであれば、冬はちょっと作業が難しい季節でもあります。環境上の条件によって、人工芝の施工において思わぬ落とし穴が生じるからです。

芝の庭は変わりつつある

人工芝の庭

人工芝の高機能化に伴って、庭に芝を利用する方も天然芝から人工芝に替える方が増えました。人工芝では初期コストが高くなりがちですが、良い人工芝を使った方が結果的に長持ちし、コストパフォーマンスも良くなります。

庭の芝生を人工芝にするには

人工芝の庭

庭の芝を人工芝に張り替えるには、芝や雑草を除去し、整地を行い、その上に防草シートをかぶせ、その上で人工芝を敷くという作業行程が最低でも必要となります。それぞれにコツがあり、必要なアイテムもありますので、専門業者を活用するのも一つの方法です。

人工芝の庭はアリですか?

人工芝の庭

人工芝を庭に使うイメージがない人もいらっしゃるかと思いますが、近年は人工芝の性能も向上し、採用されることが増えています。機能性だけでなく経済性からもメリットが多く、検討してみる価値は十分にあります。

人工芝を使うと庭も長持ちする

芝の庭

良質な人工芝はメンテナンスの手間がかからず、結果として面倒な手入れを必要とする天然芝よりも庭の状態を長持ちさせます。フィールドマジックのエクスターフは10年保証で耐久性に自信があります。

庭や野球場の人工芝はdiyを避けたほうがいい

人工芝グラウンド

庭や野球場に人口芝を利用する場合がありますが、DIYで行なうと整地などがうまくいかずに凸凹したりトラブルが経年と共に生じてきます。専門業者に依頼するとトラブルが少なく安心です。

人工芝のジョイントマットはどう使う?

人工芝

ジョイントマットはベランダなど、スペースに限りがあって人工芝が敷きにくいところに向いています。広いところは枚数も多くなり、ズレも生じやすく、継ぎ目が多くなるのであまりよくありません。

サブコンテンツ
キャンペーン実施中!!