「庭の芝生」の記事一覧

賃貸の庭でも人工芝は大丈夫?

人工芝の美しい庭

賃貸の一戸建て物件の場合、庭に人工芝を設置したいなら貸主や管理会社に話を通しておく必要があります。特に、土地の整地などをしっかり行う場合は必須だと考え、また原状復帰の範囲も確認しましょう。

人工芝DIYのちょっとしたポイント

ガーデン

人工芝のDIYは、ちょっとしたコツを知っていると手早くきれいにできます。しかし、業者でない限りはコツを身につけても次の作業までは時間が空きますので、できるだけ予習するのが良いでしょう。

人工芝と天然芝ではランニングコストが違う

エクスターフ

理想の庭を作るために、最近は人工芝がよく使われています。天然芝のように水やりや草刈り、防虫などのコストがかからないため、ランニングコストでは圧倒的に人工芝が安くなります。初期費用も安くなってきているので、理想の庭づくりにお役立てください。

きれいな庭には天然芝よりリアル人工芝

エクスターフ施工中

天然芝は天然芝の特有の性質により、イレギュラーが多く、庭造りのデザインを崩す可能性があります。人工芝は加工が簡単で場所を選ばないことから、デザインした庭を正確に再現できるため、外構工事でも多く使われています。

人工芝の強みを活かす庭の作り方

人工芝の庭

人工芝は天然芝の代替品という考えが強いため、なかなか人工芝を活かすという考えでは庭は造りません。しかし、人工芝が活きる庭造りをすると、良い人工芝ほど一層生えて、素敵なお庭を演出してくれます。

新築庭の人工芝はイメージを伝えてほしい

庭の人工芝

新築で庭を作る際には、どういう庭にしたいのか、どんな空間を作るのか、具体的なイメージを作ってほしいと思います。イメージの実現のために私たちの技術や知識がお役に立てるなら光栄です。

広い庭にはエクスターフ

芝生マット

施行する面積が広くなるほど、天然芝は環境の要因によるランダムな生育が生じ統一感のない庭になっていきます。人工芝は面積が広くなっても統一感のある外観を保つことが可能な他、メンテナンスを楽にするなどの特徴があります。

人工芝は美しい庭づくりのスタンダード

新築施工例

美しい庭に芝はつきものですが、最近は人工芝も増えています。メンテナンスも楽で、長持ちし、本物の芝以上の耐久性を持つなど有利な特徴が多いのが特徴です。品質の良い人工芝を選ぶと、長持ちし、庭で映えます。

人工芝と砂利の特徴の違い

砂利と芝

庭を作る時によく使われている人工芝と砂利ですが、どちらが良いかというよりは、それぞれの特徴をわかって正しく使い分け、調和のある雰囲気にすることが大切です。

人工芝のエクステリアを作るなら

高級感のある人口芝

エクステリアを彩る定番となっている人工芝ですが、場所や用途によって必要とされる性能が違ってきます。屋外に設置するものだからこそ、耐久性に優れた人工芝を選ぶことがポイントです。

サブコンテンツ
キャンペーン実施中!!