「人工芝の素材」の記事一覧

人工芝の耐久性は考え方から

人工芝製造過程

人工芝の性能は素材だけで大きくは変わりません。製品や人工芝に対する考え方が、性能を大きく左右しています。10年使えるように作った人工芝と、安くそれなりのものを求めて作った人工芝は、その性質が全然違っているのです。

人工芝で多いお悩み

芝のあるティータイム

人工芝に関し、古いイメージからネガティブな意見を聞くこともありますが、その多くは今では問題無くなっています。よくあるお悩みに答えますので、天然芝以上とも言われている、便利な人工芝をぜひ安心してご活用ください。

人工芝の庭はリアルに見える?

人工芝の美しい庭

現在のリアル人工芝は本物さながらのリアルさを持っています。芝葉の形状や色などに工夫を凝らし、また防虫や防菌などの人工芝ならではのメリットを付加することで一般的な天然芝以上の使い勝手やメリットを提供できるようになっています。

人工芝の重量について

人工芝は重量が重いため、輸送が大変で送料もかかります。しかし、人工芝はその特性上、良いものほど重くなりますので軽さを売りにするセールストークには注意してください。

良い人工芝は裏面を見ればわかる

人工芝ステッチ

人工芝を選ぶときには、表面や芝葉ばかりを見てしまいがちですが、良い人工芝を選ぶための情報は裏面に多く隠されています。裏面のチェックについてご紹介します。

人工芝とプラスチック

人工芝業者

人工芝はプラスチックでできていますが、そのプラスチックの品質は人工芝の品質を左右します。安価なものではリサイクルされたプラスチックが使われており、安全性や品質の面で問題になることがあります。

ドイトで売られている人工芝の素材

人工芝

ドイトなどホームセンターにおいては、低価格でバリエーションのある商品を置いてますが、選び方や素材の特性を知らないと、思ったような使い方できないものになることもあります。

庭の人工芝が劣化しやすい理由

庭の人工芝

庭やベランダなど屋外で使っている人工芝は、良いものを使わないとすぐに劣化してしまいます。人工芝も基本的にプラスチック素材で作られていますので、その材質や加工、施工方法によって、寿命が全然違ってくるのです。

ジョイフル本田の人工芝の反射光

人工芝

人工芝についての評価で、反射光についてみかけましたが、この光の反射の自然さと耐久性の両立こそが、
人工芝の課題のひとつでもあり、メーカーの技術差、そして製品価格の違いが出てくる部分です。

人工芝で犬を飼うと臭くなる?

人工芝上の犬

人工芝で犬を飼うと時間の経過と共にニオイが染みつきますが、ニオイが出ることが多いのは防菌処理のされていないもので、後から何度も防菌防臭のためのメンテナンスが必要となり、管理が大変になります。

サブコンテンツ
キャンペーン実施中!!