「人工芝のデメリット」の記事一覧(2 / 3ページ)

人工芝ドッグランと熱中症

芝で寝る犬

人工芝は天然芝と似たような性質を持つようできていますが、熱がこもりやすい点については違うため注意が必要です。水を撒いたり、夏季は取り外すなどして温度上昇を防ぐことで、愛犬たちの熱中症を防ぐことにつながります。

人工芝と熱中症

人工芝のある庭

熱中症が話題ですが、人工芝は熱中症になりやすいとも言います。熱がこもってしまう性質があるため、打ち水をしたり、日光を防ぐために日陰を作ってあげたりするのが有効な対策となります。

人工芝のデメリットは「わかりにくさ」

芝生

人工芝は以前よりもずっと性能が向上しており、デメリットらしいデメリットは無くなりつつあります。しかし、商品も増え、半端な情報も多くなってきた分、良い人工芝を選ぶのが難しくなってきているのがデメリットです。

人工芝の不良品はどんなもの?

芝の庭

人工芝の不良品は、明確な不良品以外にはなかなか見分けるのが難しいです。専門業者に施工してもらう上でのメリットのひとつは、施工前に問題のある人工芝を見分け、分別することにもあります。

DCMカーマの人工芝と表面温度

温度計

人工芝で表面温度の上昇を防げると言いますが、石やコンクリートに対しての話であり、天然芝や土ほどではありません。基本的には人工芝を敷くと、土台部分の温度は下がるものの、人工芝そのものはそれなりの熱を持ちますので誤解ないように注意しましょう。

季節を問わない人工芝

高級感ある人口芝

人工芝は季節を問わず青々とした芝を楽しめますが、調和と言う点では石材やコンクリートが相性が良いです。また、年中同じ状態が続くので、子供やペットの遊び場として最適で、また運動スペースとしてライフスタイルに良い影響を与えてくれます。

人工芝のデメリットは補うもの

リアル人工芝

人工芝のデメリットは、初期費用の高さや、夏は熱をためこんでしまって熱くなるなどの点にあります。しかしいずれも工夫次第で改善が可能ですし、メリットの方が多いため利用しない手はありません。

diyでつくる犬用人工芝のデメリット

庭の人口芝

diyで人工芝を敷き、犬と一緒に楽しむという方は増えていますが、施工の際に注意点がいくつかあり、うまくできないとせっかくの人工芝にデメリットが増えてしまいます。この点、専門業者に任せられると安心です。

ベランダに人工芝を使うときのデメリット

ベランダ

ベランダに人工芝を使う場合、天然芝に比べて初期費用がかかることや、香りや四季感が無いなどのデメリットがありますが、機能性を考えると気になるほどでもありません。そのため、ベランダをはじめ、室内用にも様々に使用されています。

人工芝のデメリットは多くない

リアル人工芝

人工芝が天然芝に代わって利用されることが増えているのは、そのメリットが非常に多いからです。デメリットが無いわけではありませんが、その影響は大きくなく、メリットの方が優っていると言えるでしょう。

サブコンテンツ
キャンペーン実施中!!