「人工芝のデメリット」の記事一覧

狭い庭に人工芝は要らない?

設置した人口芝

「ウチの庭は狭いから人工芝は必要ない」と考えている方も時々いますが、狭い庭だとしても人工芝がもたらす影響は大きなものです。どのようなメリットがあるのか簡単に紹介します。

人工芝の庭は滑りやすいって本当?

設置した人口芝

人工芝は滑りやすいとよく言われますが、実際には滑る理由は人工芝そのものにはあまりありません。どのような状況で滑りやすくなるのかを考えて、適切に対処することが大切です。

冬の季節は人工芝の静電気に注意

人口芝の庭

人工芝は空気が乾燥する冬場になると、どうしても静電気が発生しやすくなります。素材の都合上仕方ない部分がありますので、ドアノブなど金属部分に触れる前に一度静電気をリセットするなど工夫が必要です。

ジョイント式の人工芝の問題

人工芝パネル

ジョイント式の人工芝は便利なように見えて、デメリットもたくさんあります。よく言われる、継ぎ目が多くなって人工芝の機能が損なわれることだけではありません。

庭の人工芝の静電気事情

芝で遊ぶ子供

人工芝は種類によっては、乾燥時や摩擦があったときなどに静電気が発生します。防ぐためには、ゴムの充填剤を入れたり人工芝と地面の間にゴムシートのようなものを入れる方法もありますが、静電気対策を組み込んだ人工芝を最初から選ぶのがもっとも安全で簡単です。

人工芝の庭のデメリットとは

人工芝の庭

人工芝の庭づくりが人気ですが、デメリットも様々にあります。デメリットは正しく理解しておけば、回避することが可能ですので、人工芝を入れる前に考えておきましょう。

人工芝のデメリットは「張り替え」

人工芝施工

人口芝はいつかは張り替えが必要になること、それがデメリットになります。デメリットを最大限減らすためには、しっかりした品質の人工芝を最初から選び、正しい方法で施工することです。当店のエクスターフや施工技術には自信がありますので、ぜひご相談ください。

人工芝ドッグランと熱中症

芝で寝る犬

人工芝は天然芝と似たような性質を持つようできていますが、熱がこもりやすい点については違うため注意が必要です。水を撒いたり、夏季は取り外すなどして温度上昇を防ぐことで、愛犬たちの熱中症を防ぐことにつながります。

人工芝と熱中症

人工芝のある庭

熱中症が話題ですが、人工芝は熱中症になりやすいとも言います。熱がこもってしまう性質があるため、打ち水をしたり、日光を防ぐために日陰を作ってあげたりするのが有効な対策となります。

人工芝のデメリットは「わかりにくさ」

芝生

人工芝は以前よりもずっと性能が向上しており、デメリットらしいデメリットは無くなりつつあります。しかし、商品も増え、半端な情報も多くなってきた分、良い人工芝を選ぶのが難しくなってきているのがデメリットです。

サブコンテンツ
キャンペーン実施中!!