「ロール式人工芝」の記事一覧

人工芝はロールタイプが良い理由

ロールタイプ人工芝

人工芝ではロールタイプとタイルタイプがありますが、ロールタイプの方が良いとされています。その理由は、言われているほどタイルタイプのメリットはなく、また人工芝は特性上、継ぎ目が多くなるとそれだけ機能が低下するからです。

人工芝の強みを活かす庭の作り方

人工芝の庭

人工芝は天然芝の代替品という考えが強いため、なかなか人工芝を活かすという考えでは庭は造りません。しかし、人工芝が活きる庭造りをすると、良い人工芝ほど一層生えて、素敵なお庭を演出してくれます。

人工芝ドッグランと熱中症

芝で寝る犬

人工芝は天然芝と似たような性質を持つようできていますが、熱がこもりやすい点については違うため注意が必要です。水を撒いたり、夏季は取り外すなどして温度上昇を防ぐことで、愛犬たちの熱中症を防ぐことにつながります。

人工芝の継ぎ目は気になりますか?

人工芝でこぼこ

人工芝の継ぎ目が多くなると、人工芝の機能や景観を落とす原因になるため、プロは気を遣っています。継ぎ目を少なくするためには、ロールタイプの人工芝を使用することが大事です。

人工芝の強風対策

作業中

人工芝における強風対策は、いかに人工芝を地面に固定するかを考えます。ピンを増やしたり、接着材や専用の両面テープなどで固定したり、砂や充填剤で重量を増したり、最初から品質の良い重量のある人工芝を使用すると良いでしょう。

人工芝はロールタイプかジョイントマットか

人工芝を敷く

人工芝にはロールタイプとジョイント式のマットタイプがありますが、優劣があるというより、それぞれのタイプが持つ特徴を最大に活かして使うことが大切です。それぞれの特徴について紹介します。

カーマのジョイント人工芝は本当に便利?

人工芝を敷く前の悩み

カーマなどのホームセンターではジョイント式の人工芝も多く販売されていますが、小さな面積やインテリアでは便利でも、庭やベランダにしっかり人工芝を張りたい場合には継ぎ目も多く、接着も弱くズレやすいなど不向きな特徴が多いです。

人工芝DIYのポイント

DIY

リフォーム人気が上がっていることもあり、人工芝のDIY設置をしようとする人も多くなっています。
そういう方々にはぜひ覚えておいてほしいポイントがあります。

人工芝のロールタイプとジョイント式

DIY

人工芝は大きく、ジョイント式のマットとロールタイプのものに分かれますが、それぞれに特徴があります。本物のような仕上がりで、人工芝の機能を最大発揮できるのはロールタイプの方で、高機能品ではロールタイプが多くなっています。

人工芝の施工のポイント

人工芝施工

人工芝の施工はDIYでも可能ですがノウハウがあります。カッティングなどの作業よりも、実は事前準備が大事で、プロはこの部分を徹底的に行っています。

サブコンテンツ
キャンペーン実施中!!