「ペット用人工芝」の記事一覧

ペットの臭いって気にならない?臭くなった時の原因と対処法

人工芝と犬

人工芝を敷くお客様の中には、ペットを庭で遊ばせたいからという方もいらっしゃいます。ペットの為にお庭に人工芝を敷いた場合、まっさきに気になるのはペットの「臭い」ではないでしょうか?今回は、ペットの「臭い」に関する対処法についてご紹介します。

愛犬のトイレトレーニングに人工芝

ドッグトレーニング

人工芝は自然の芝に近い雰囲気を持つため、自然の中でしか排泄ができない犬のトレーニングにも役立ちます。ただし、そのためにはリアル感のある人工芝を使うことも必要になります。できれば、防臭加工などがされている良いものを使った方が衛生的です。

人工芝ドッグランと熱中症

芝で寝る犬

人工芝は天然芝と似たような性質を持つようできていますが、熱がこもりやすい点については違うため注意が必要です。水を撒いたり、夏季は取り外すなどして温度上昇を防ぐことで、愛犬たちの熱中症を防ぐことにつながります。

リアル人工芝とドッグトレーニング

犬と芝

ドッグランで人工芝は使われることが多いですが、ドッグトレーニングでも有効です。トイレのしつけをしていく際に、場所を指定する際のステップのひとつとして人工芝が使われています。

人工芝でドッグランを作る際の注意

人工芝施工

人工芝でドッグランを作る場合には注意するべきポイントがあります。ただ庭に人工芝を敷いただけでは、本当に快適なドッグランにはなりませんので、ポイントをおさえた工事をする必要があります。

人工芝とペット用アジリティ

ドッグトレーニング

人工芝の上でアジリティを使うと芝の傷みが早くなる心配がありますが、アジリティによるダメージそのものよりは、人工芝の品質が大きな問題であると言えます。良質な人工芝を使ってこそ満足できるでしょう。

ペット用品としての人工芝

カゴに入る犬

ペットには自然に触れてほしいと願う飼い主が、人工芝と様々な生活用品をマッチングさせています。このような用途でリアル人工芝が求められています。

ドッグトレーナーにとっての人工芝のメリット

ドッグトレーニング

犬たちをトレーニングするドッグトレーナーにとっても人工芝を活用するメリットは大きいです。何より、犬たちのケガを防ぎ、またメンテナンスを楽にしてくれることは大きなメリットとなります。

屋内ドッグランの床材は人工芝

犬と芝

天候に関係なく使える屋内ドッグランで、一番の問題になるのが床材です。クッション性と、耐久性、水分や臭いなどに強い性質など、様々なものが求められますので、住宅用のフローリング材では厳しく、人工芝がおすすめです。

人工芝の屋上ドッグラン

リアル人工芝

屋上にドッグランを作ることも増えていますが、人工芝は最適な床材になります。ただし、熱や紫外線、雨風などに強いことが絶対条件ですので、品質の良い人工芝を選ぶ必要があります。

サブコンテンツ
キャンペーン実施中!!