「コスト」の記事一覧

庭の人工芝施工はDIYも可能

DIY

人工芝の設置はDIYで行うと安くなります。ロールタイプの人工芝なら比較的簡単に良い仕上がりにすることができます。下準備と固定について注意しておくとよいでしょう。人工芝DIYアカデミーでノウハウを紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。

人工芝の価格や性能がピンキリの理由

人工芝

人工芝は利用シーンや性能に応じて素材が違ったり、施工の仕上がりによっても機能の変わるもので、そのために多くの商品があり、価格もピンキリになっています。フィールドマジックの人工芝は高性能でお手ごろな価格になっています。

価格差がある人工芝

人工芝

人工芝の価格は、簡易なものか、機能を重視したリアルなものかで大きく変わります。また、施工料金が含まれているか否かでも大きく変わります。

人工芝通販の送料

リアル人工芝

通販で人工芝を買った場合、芝のイメージが違うとか、カラーが違うとか、仕上がりがよくないということで返品をする人がいます。

しかし、通販では返品の際に商品を買うとき同様に送料を負担しなければなりません。人工芝は大型商品なので返品するときの費用もバカになりません。

そのことから、通販で人工芝を買うときには送料ばかりかからないように事前に商品のサンプルを確認してから買ったほうがよいでしょう。

人工芝の値段はわかりにくい

リアル人工芝

人工芝の場合は、天然芝とは違って、見た目では性能や機能がわかりにくいものです。そのため、値段もわかりにくいので、人工芝選びでは実物を見るか、サンプルを確かめてから購入するようにしたほうがよいでしょう。

人工芝のデメリット

人工芝のデメリット。芝を使った庭なら心地良く使うことができるでしょう。庭づくりでは仕上がり感について迷うことがありますが、芝を使った場合は庭がしっかりと整うようになります。

低コストで敷けるリアル人工芝

リアル人工芝施工例

近は天然芝の代りに人工芝が使われているようです。人工芝は、天然芝がもつ面倒なメンテナンスの手間やコストを減らすことができるようになります。

ガーデン工事でコストがかかるのはどっち?

弊社に訪れるお客様の中でも時折聞かれるのが、「新築時とリフォーム時のガーデン工事って、どちらがコストがかかるんですか?」ということです。

コスト面でも有利なフィールドマジックの人工芝

日本では長く天然芝が使われてきました。天然芝ならきれいでナチュラルな芝をつくることができます。そのことから、公園やグランド、庭でも多く使われてきたといってよいでしょう。しかし、天然芝の管理は楽ではありません。

サブコンテンツ
キャンペーン実施中!!