ブログ

Blog

ブログ

冬季のうちに人工芝の庭を作ろう

2018年12月19日

冬季のうちに人工芝の庭を作ろう

施工中

何年も芝を放置していると、当然庭は荒れ放題になります。

すると、虫もたくさん発生しますし、
雑草もたくさん出てきてしまいます。

虫にとっては良いですが、人間には住みづらいものです。

そのため、人工芝を活用する人が増えています。

実は、何年も庭を放置しないとしても、
冬場は庭を放置しがちになるので、
春頃には荒れ放題ということも少なくありません。

人間が気づくよりも先に、
虫や植物がどんどん活動を始めるために、
春になると庭が急速に荒れることは多いのです。

そのため、冬場のうちから人工芝を敷いておいて、
春にも変わらない状態を作ることもできます。

 

▽▽▽注文殺到中の人工芝を今だけ無料サンプルはこちら▽▽▽

 

人工芝を敷く際には、まずはしっかり地面を整地し、
その上で防草シートを敷きます。

防草シートは、基本的には日光を遮断する役割で、
草などが生えるのを妨げてくれます。

上から人工芝を重ねるようなら、
まず日光は地面には届かないために、
植物も自然と弱って生えなくなっていきます。

防草シートの上から人工芝を敷く時は、
隙間が出ないように注意し、しっかりと固定しましょう。

微妙なスキマから光や水分が入ってしまうと、
それだけ植物が成長してしまう可能性があるからです。

雑草の成長を妨げることによって、
自然と関係している虫の増殖も防ぐことができます。

冬季はもともと虫などが出にくいですが、
地中ではしっかり生育が進んでいますので、
暖かくなって表に出てくる前に対策しておきましょう。

人工芝のある庭

人工芝を敷くことによって、季節を問わず、
青々として美しい庭環境を作ることができます。

ただし、人工芝はプラスチック原料を使いますから、
質の低いものは温度変化や乾燥、紫外線などから
ダメージを受けてすぐに劣化してしまいます。

高品質の人工芝を用いてこそ、期待しているような
庭環境を作ることができますので、
当店のエクスターフのように良質な人工芝を選びましょう。



フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

wpid-sample02-300x92-2014-05-8-18-08.gif  
サブコンテンツ

コメントを残す

キャンペーン実施中!!