ブログ

Blog

ブログ

ベランダのマットに人工芝を使う

2019年08月30日

一戸建ての庭に人工芝を敷くご家庭は多いですが、実は最近ではマンションや

アパートなどの集合住宅でも人工芝を敷いてベランダやバルコニーをカスタマイズする

ご家庭が増えています。

ここではベランダのマットに人工芝を使うメリットやデメリットを考えてみましょう。

人工芝のある家

 

1、ベランダに人工芝を敷くケースが増えている

2、ベランダのマットに人工芝を敷くメリット、デメリットとは?

3、まとめ

 

 

1、ベランダに人工芝を敷くケースが増えている

 

自宅にお庭がないマンションやアパートに住んでいても、緑の芝生のあるお庭に

憧れてしまうという人は多いでしょう。

そんな人の願いを簡単に叶えてくれるのが人工芝です。

人工芝を敷けば、無機質なバルコニーやベランダは一気にナチュラルで心地よい

快適空間になるでしょう。

 

 

 

ベランダやバルコニーのマットと言えば、今まではウッドデッキなどが一般的でした。

しかし最近ではリアル人工芝の普及に伴って、ベランダのマットに人工芝を

敷くケースが増えています。

人工芝であれば、天然芝とは違い、室内や土のない場所(コンクリートでもOK)でも

敷くことができるのでバルコニーやベランダでもOK。

メンテナンスも必要ないので、ベランダの模様替えにぴったりですよ。

人口芝の庭

 

2、ベランダに人工芝を敷くメリット、デメリットとは?

 

ベランダに人工芝を敷くメリットとしては

・コンクリートなどバルコニーの床の劣化を予防できる

・床の汚れが目立たない

・素足で歩くことができる

・メンテナンス、加工が簡単

などがあります。

 

 

バルコニーにそのまま人工芝を張り付けることになるので、元々のコンクリートの床が

汚れにくくなりますし、劣化も防ぐことができるでしょう。

また人工芝を敷くことで、バルコニーであれば素足で歩けませんが、

そのまま人工芝で歩いても特に気になりません。

ただ洗濯を干すだけのバルコニーが、人工芝を敷くことでもう1つのお部屋のように

快適な空間になること間違いなしです。

 

 

 

またリビングから見た時に、バルコニーの緑の芝生がとてもきれいで、

部屋全体がぱっと明るくみえますし、開放的な気分になりますよ。

おしゃれな空間つくりに一役買ってくれます。

 

 

一方、ベランダに人工芝を敷くことによっておこるデメリットには

・水分をため込みやすくなるため、カビが発生しやすくなる

・定期的な張替えが必要になる

・夏は高温になりやすい

などがあります。

 

 

このデメリットは、マンションのベランダに敷くから起こるものではなく、

一戸建てのお庭に敷いた時でも同じデメリットが考えられます。

人工芝はどうしても水はけが悪くなりやすいです。

きちんと排水できないと、カビが生えたり、害虫が発生したりすることがあるので、

水がしっかりと排水溝に流れでるようになっているかは確認しておきましょう。

 

 

また天然芝、人工芝どちらにも共通して言えますが、芝を敷くと

いつかは張替えのタイミングがきます。

定期的な、張替えが面倒という人にはデメリットに感じてしまうかもしれません。

 

 

ポリエチレンなどの化学繊維でできている人工芝は夏場は高温になりやすいので、

その点も注意が必要です。

水をかけるなどして対処しましょう。

犬とプール

 

3、まとめ

 

ベランダのマットに人工芝を敷くことで、ベランダの床に傷が付いたり、

汚れたりするのを防ぐことができますし、快適なベランダ空間が出来上がるでしょう。

ロール状の人工芝を敷けば、メンテナンスもほとんど必要なく、

耐久性にも優れているので、長い間緑の芝を楽しむことができますよ。



フィールドマジックのリアル人工芝エクスターフの詳細はこちら

安心の10年保証、フィールドマジックが選ばれる理由
サブコンテンツ

コメントを残す

キャンペーン実施中!!